発達障害者が社会復帰を目指す

20代半ばの男が社会復帰を目指すブログ。どんな形であれ社会復帰(=収入を得る)を諦めきれず、奮闘する様を発信出来たらとブログを始める。引きこもりや精神の障害がある方向けに社会復帰のプロセスを提示しつつ実践していきたいと思っている。

文章力

前回の記事を改めて見つめなおすと本当に拙い文章だと感じた。

僕は文章を書く力がまだそんなにないのだ。

 

考えてみれば小学生の頃から国語の成績は悪く、作者の気持ちを考えろだとか、●●とはどういう意味なのか文章から抜き出せとか、そういう問題が大嫌いだった。

PCに触れてからは漢字も思い出せなくなってきた。

読めるけど書けない漢字があまりにも多すぎた。

 

それなら、僕は何をやってもダメなのだろうか。

 

でも僕にだって得意なことは少ないがあると思っている。

 

例えば、文章を書く力はないが打ち込む早さならかなりのものだと思っている。

訓練施設でタイピングを毎日やっているが、10分間に1000文字以上は軽く打てている。

他にも、小学生から算数の学習塾に通っていたので、四則演算の暗算が得意である。

コツを掴めるまで継続できれば、あとはこっちのものなのだ。

 

世間的に見れば大したことではないのかもしれないが、これが自分の能力の幅だ。

 

自分という人間は簡単に変えることはできないが、それなら今の自分で勝負するしかない。

 

本音を言うと、少し前までは自分という人間が大嫌いだった。

 

発達障害を患っていてできないことが多い、コミュニケーションも苦手、働けなくて彼女にも振られるetc

駄目なことの方が簡単に思いつくし、自信も持てなかった。

 

自分はこのままで良いのだろうか?いや、良くない。

それならせめて自分という人間を理解し、肯定したい。

 

何が言いたいのかというと、こんな自分でも文章を通じて何かを伝えられればブログをやる意味を見出せると思う。

まずは毎日文章を書く練習をしたい。

最終的にはこのブログを通して障害者の現実を伝えたり、社会復帰という目標を可視化させて自分を高めることに利用できたらなと思っている。

 

まずは更新することを目標にしたい。