発達障害者が社会復帰を目指す

20代半ばの男が社会復帰を目指すブログ。どんな形であれ社会復帰(=収入を得る)を諦めきれず、奮闘する様を発信出来たらとブログを始める。引きこもりや精神の障害がある方向けに社会復帰のプロセスを提示しつつ実践していきたいと思っている。

結婚願望

僕には結婚願望があった。

こんな体たらくだが、今は就職に向けて頑張っているつもりだったし、一途に元カノを想い続けることができていた。

 

だが頑張っているつもりでも女性からすれば年齢のリミットもあるわけで、しびれを切らした彼女から別れ話を切り出されて破局

友達に戻りたいとは言ってくれたのだが、すぐに新しい彼氏ができたらしくラインも拒否されている。

 

正直、未練はかなり大きいのだがもうどうにもならないだろう。

それもあって、今は結婚や恋愛に関してはかなり現実逃避をしている。

 

あれから半年は経ったと思うが、今の時代SNSさえ分かっていれば元交際相手の情報は筒抜けになっている。

正直、元カノのSNSを見るのがやめられない。

見るたびに傷つくのはわかっているのだが、それよりも未練が大きいのだろう。

 

一方僕は相変わらず就労支援を受けている状況で就職の目途もまだ立っていない。

 

こんな状況でかつて共にした人を想い続けるのは全くもって時間の無駄であろう。

 

戻れるなら戻りたいが、戻れる術など持っていない。

あの時ああしていれば良かっただとか、もっと早く行動すべきだったとは思うが、それら過去はタイムマシンでもない限り変えることができない。

 

振られて数カ月は完全に嫌われたくなくて、ラインも送らないようにしていた。

だが元カノの「友達に戻りたい」という言葉に甘んじていても結局女性の恋愛は上書き保存と言われているように、僕のことなど既にどうでもよくなっているのだと思う。

元カノの誕生日に「おめでとう」とラインを送ろうとしたときには既に遅かった。

 

ここまで書いてわかる通り、未練が凄まじい。

もうすぐ8年目になるのに結婚できなかった僕も悪いが。

元カノにはかなり束縛されていたので、自由の身になれたと強がっていたが、やはり寂しい物は寂しい。

 

今はせめて自分を大切にしてやろうと思う。

自分は相当クズだったと思うが、クズだとしても自分を嫌いになりたくはない。

 

もし今後恋愛をするとすれば、自分に自信を持ち、相手に依存しないような恋愛をしたい。

結婚は経済的な事情もあって難しいと思うが、それでも良いという女性がいるのならできる限り頑張りたい。