発達障害者が社会復帰を目指す

20代半ばの男が社会復帰を目指すブログ。どんな形であれ社会復帰(=収入を得る)を諦めきれず、奮闘する様を発信出来たらとブログを始める。引きこもりや精神の障害がある方向けに社会復帰のプロセスを提示しつつ実践していきたいと思っている。

引きこもりがオシャレになるためには

引きこもりの人はどんな服を着ているのか。

正直なところ、自分で買い物に行く機会なければ親がその辺りの店で買ってきたような服(すごく安い)だと思う。

これは、僕にも心当たりがある。

 

僕が服・・・というよりは最低限のファッションに目覚めたのは実は最近だ。

 

最低限は人によって違うとは思うが、最近は良く人からおしゃれと言われるようになったので嬉しい(お世辞だとは思うがw)

 

人は見た目が9割と言われているように、見た目で第一印象が決まってしまうのだ。

それなら少しでも良い見た目になりたいと思って僕は服を自分で買い始めた。

 

だがファッションに無頓着な人が服を買う場合はこれらの悩みが付き物だと思う。

 

・どこで買いに行けばいいのか

正直、清潔感が出ていればブランドなんて二の次だと思うがこのように悩んでしまう人が多いと思う。

かっこよくなりたいからと言って、いきなり高級ブランドを着れば見た目が良くなるかと言えばそれは違うだろうし、逆にユニクロはダサいだとか、しまむらは子供っぽいだとか、ファストファッションブランドを頑なに拒むのもどうかと思う。

ハッキリ言わせていただくと、ブランドがダサいのではなくブランドを気にしすぎているあなたがダサい。

つい上から目線のコメントが飛び出してしまったが、僕も見た目がそんなに良いとは思っていない。

一つ言えることは、せめて清潔感を出せれば第一印象はかなり変わってくると思う。

 

・おしゃれな店員さんに笑われたりしないだろうか

これも良く言われている悩みだ。

というのも僕自身田舎から出たばかりの時に、デパートに入っているような高級ブランド店を何となく見ていたら店員が待ってました!!とばかりに声を掛けてきて、恐怖を覚えたり場違い感を感じずにはいられなかった。

これは場所によるので慣れるしかないだろう。

逆に考えてみよう。店員は一応はお客様相手なので失礼なことは言わないはずだ。

話をする練習だと思って色々相談できればこっちのものだ。

 

・そもそも服を買いに行く服が(ry

多分おしゃれ上級者からしたら何を言っているのかわからないと思うが、僕みたいに脱オタが遅かった身としては痛いほど共感できる。

服を買いに行くのにもある程度服装が求められている、という先入観があって結果的に服を買いに行けないまま諦めてしまうパターンだ。

これに深刻なほど悩んでいるのなら、いっそのことネット通販を試してみる手もある。

下に穿くパンツやらデニムは難しいが、せめてシャツくらいならサイズを測っておけばネットで買ってサイズが合わなくて後悔することはないと思う。

分からなければとりあえず今着ている服のタグを見てサイズを覚えておこう。

 

とまぁ3点ほど上げてみたが、服装を変えるのは外に出るためには重要なことだと思う。

服装は自分を変えるためのペルソナだと思えばよい。

特に、服に無頓着な引きこもりの方は新しい服を手に入れると少し外に出てみたくならないだろうか?

 

でも実際に服屋に行くのはこれらの悩みがあるようにかなり敷居が高いと思う。

 

そこで、オススメしたいのが購入代行サービスというものだ。

 

このサイトがとても親切だと思えた。

 

・自分に何が似合うのか分からない

・何から買っていいのか分からない

・服って高いんじゃないの?

 

このサービスはこれらの悩みをすべて解決できる。

芸能界で活躍しているトップスタイリストが似合う服を選定してくれて、そのうえ全身コーデ5点が2万円もしないのはハッキリ言ってかなりお得である。

また、事前に何度でも提案してくれるので、任せっきりにならず最終的には自分のイメージを通すことができるのも嬉しい。

 

他にも住居の関係で服をすぐに買いに行けない方、サイズが大きすぎて普通の服屋で扱ってないような方にもおすすめしたい。

 

服は見た目=第一印象を変える手段としてはとても効率が良いので是非試してみて欲しい。

 

そして新しくなった自分に自信を持って、自立への第一歩を踏みたいものである。