発達障害者が社会復帰を目指す

20代半ばの男が社会復帰を目指すブログ。どんな形であれ社会復帰(=収入を得る)を諦めきれず、奮闘する様を発信出来たらとブログを始める。引きこもりや精神の障害がある方向けに社会復帰のプロセスを提示しつつ実践していきたいと思っている。

自分を否定しないこと

これは自信を持って言えるのだが、僕は自信がない。

この文面だけ見てると何言ってるんだコイツ・・・と思うかも知れないが、共感はできるはずだ。

 

自分を否定するのが当たり前になっていて自分に自信が持てない。

それどころか、自信というものに恐怖さえ抱く。

それくらい僕にとって自信というものには縁がなかった。

 

でもよく考えてみて欲しい。他人から嫌われようが罵られようが、結局自分という人間は変わらない。

中年の冴えない男がある日突然美少女になったり、イケメンになったりすることはない、と言えばわかりやすいだろうかw

 

自分という乗り物はこの世の生を受けている間は変わることはないのだ。

 

正直に言うと、僕は自分がとても嫌いだった。

小さいころから周りに馴染めず、大人になってから原因がわかっても時すでに遅し。

唯一の味方だった彼女には愛想を尽かされ、リアルで友達もいなかった僕は絶望の淵に落とされた。

 

でもある日、このままだとこのままだと思い何かできないことがないものかと模索をすることにした。

 

自分にある強み、自分の独自性、自分の好きなことやもの、

全てを考えた結果このブログを始めることにした。

 

自慢ではないが、というかこの世界では自慢にもならないと思うが僕はタイピングが早い方だ。

10分に1000文字打つのが目標のタイピングソフトでは3分前後時間が余るし、不思議と自分を文字という形で発信するのには抵抗がなかった。

 

昔からPCが好きだった。

リアルがうまく行かないならせめてインターネットの世界では優しくなろうと心がけていた。

 

このブログは僕の最後の試みかもしれない。

このブログでさえ上手くいかなければもう僕は何にもない人間になってしまうと思ったからだ。

 

こんな僕でも誰かの役に立ちたい。

感謝される人間でありたい。

 

そしていつか真人間になれたとしたらその時は最後に笑って、こんな苦しんでいる時もあったなぁと笑い話にしたい。

 

僕は今試されているのだ。