発達障害者が社会復帰を目指す

20代半ばの男が社会復帰を目指すブログ。どんな形であれ社会復帰(=収入を得る)を諦めきれず、奮闘する様を発信出来たらとブログを始める。引きこもりや精神の障害がある方向けに社会復帰のプロセスを提示しつつ実践していきたいと思っている。

n度目の第一歩

こういうブログを始めたのは何度目か思い出せませんが、今回は滑り出しは悪くないと思っています。

 

多分1カ月、もしかしたら1週間も続かないうちにやめてしまったことが多いです。

今回だけはそうしたくないし、そうしないと思います。

 

というのも、僕の中で一番ショックだった出来事が今年に入ってから起こったからです。

具体的に言うと、別れ際友達に戻りたいという元カノがすぐに彼氏を作っていたことが分かって、LINEで拒否された、ということです。

 

失恋の第二次ショックを受けたという話と言えばそれまでですが、僕にとっては初めてな上に長く続いてた彼女なので正直まだ立ち直れていません。

 

でも考えてみれば僕は魅力的な人間ではなかったと思います。

障害者(発達障害)、働けていない、何事も続かない。

そんな僕は自分というものがなかったのでひたすら彼女に依存していました。

 

今は働けてないけど、いつかは働いて結婚するんだ!

そう言い聞かせながら就労支援施設の見学に行ったのを覚えています。

 

でも時間のリミットというものはあります。

特に女性の場合は周りが結婚してくる年齢になってくると、今の彼氏に将来性がないと思ったらすぐ別れを告げるでしょう。

 

元カノが別れ際に言った、友達に戻りたいという言葉に甘んじて

せめて連絡は取れたらなと思っていました。

でもそんなに甘くありませんでした。

 

友達に戻りたいとは言ってくれたけど、連絡しすぎたら完全に嫌われしまう

という葛藤があったのであまり連絡はしませんでしたが、

ある日元カノのSNSを見ていたら

もう彼女には別のパートナーができていたことをSNSで知ってしまったのです。

 

慌ててLINEで連絡を取ろうとするも時既に遅し、ブロックをされていました。

この翌日、訓練の一環で某事業所の見学があったのですが何にも頭に入りませんでした。

それくらいショックでしたし、まだ引きずっています。

トーカーにならないだけマシだと思っていますが、ネットの世界では歯止めが効かなくなりそうです。

最近やっと元カノのSNSを見ないという目標を3日継続して達成できたのが唯一の救いです。

 

ざっと失恋のエピソードを語りましたが、まだ苦しいです。

身体に刺さった刃物を抜いて血がドバドバ出ているような感覚です。

 

でもこれに関して言えば僕が全て悪かったと思います。

今だからそう思えます。

それだけに凄く悲しかったし悔しいです。

 

あらゆるマイナスのエネルギーが湧いてきている中、一瞬ではなく毎日死にたいと思うようになりました。

でもそんなことをしても何にもならないし、元カノが僕の死を悲しむとも思えなかったので時間の無駄だと考えるようにしました。

この悩んでた期間というのが3カ月。

振られたのは半年前くらいになるので、前半3カ月は失恋した実感もなくふわふわと過ごしていたものの、後半の3カ月でやっと失恋を強く実感したということですね。

この後半の3カ月間、ひたすら悩んでいました。答えも出ない筈なのにも関わらず。

 

そうして漸く現実的に失恋を実感できてきたのが今、という訳ですね。

 

だからこそ、今回のブログで発信を続けるという目標は絶対に辞めたくありません。

こんなことして何になるんだ、と言われるかも知れませんが、僕は一つのことをやり遂げて自分に自信を付けたいし、自分という人間を知ってもらいたいです

自分みたいなどうしようもない人間でも、人の役に立つような情報を発信できるようになりたいです。

ならなければ今後も後悔しか生まれないと思います。

 

まずは今の事業所に通い続け、就職を目指す。

それと並行でブログで発達障害者の生き方を導いていきたい。

 

これが僕の今やりたいことです。

 

少しでも共感できればとても嬉しいです。

 

 

今回の記事からにほんブログ村というランキングに参加しました。

良ければクリックをお願いします。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村