発達障害者が社会復帰を目指す

20代半ばの男が社会復帰を目指すブログ。どんな形であれ社会復帰(=収入を得る)を諦めきれず、奮闘する様を発信出来たらとブログを始める。引きこもりや精神の障害がある方向けに社会復帰のプロセスを提示しつつ実践していきたいと思っている。

ゲームからフェードアウトしている現状

僕がオンラインゲームからフェードアウトしていることについては

chiyosuke31.hatenablog.com

で言及しましたが、これが本当に深刻になってきました

良いことなのか悪いことなのかは分かりません

 

ゲームしか趣味がなかった人がいきなりゲームをやめたらどうなるでしょうか?

唯一の不安点がこれなのですが、僕はゲームをブログに置き換えた方がまだ健全としていられるのかも知れない、と思いました。

 

最終的にブログで成果を出すのが僕の目標なのですが、ゲームというものは目標のために頑張っても精々ゲーム友達から一目置かれる程度でしょう。

 

それどころが人間関係のしがらみが付き物。

特に人と関われるタイプのオンラインゲームで、ギルドやチームといった機能があるゲームはこの現象からは避けて通れない。

ましてやチームマスターなんて立場であればいくらチームの雰囲気が良くても気を使い続けなければならない。

そうしているうちに疲れを感じてきました。

 

このチームマスターという役職も厄介で、要はチームをまとめる役。

チームで一番偉い!!という訳でもなく、チームを良くするための潤滑剤でなければならないのだ。

特に初心者さんが入ってきて暫くは、その初心者さんのサポートに徹していたりしないとだとか、良いチームだと思われようだとか、余計な気遣いをしてしまう。

案の定こんな役職を誰もやりたがらないのだ。

 

現実世界で十分な人脈がある人はわざわざこの手のタイプのゲームに時間を割かなくても良いと思います。

僕みたいなリアルを犠牲にしてまでのめり込む自信があるならそれはやめた方が良い。

とだけ言わせていただきます。

 

チームメンバーの一部とはツイッターでも繋がっています

ツイッターでも良い自分を演じようとすることに疲れてきました。

ツイッターくらい好きなことを書かせて欲しいのだが、例えばこの環境でチームマスター辞めたいなんてつぶやけるだろうか?

 

結局言いたいことも言えず、良い自分を演じることに疲れて行き着いた先がこのブログということになります。

 

だから、せめてこのブログでは正直でありたいし、ありのままの自分を見てもらいたいです。

こんな自分でもどんな形であれ社会復帰ができるのだぞ!というケースモデルになりたいです。

アフィリエイトも実はその一環です。

どんな形であれ利益を出せるならそれは立派なことだと思います。

もちろん結果を出してからの話だと思いますが・・・。

 

オンラインゲームは若年層に悪影響をあたえるのか? [ 竹野真帆 ]

価格:1,620円
(2017/7/16 11:26時点)
感想(0件)