発達障害者が社会復帰を目指す

20代半ばの男が社会復帰を目指すブログ。どんな形であれ社会復帰(=収入を得る)を諦めきれず、奮闘する様を発信出来たらとブログを始める。引きこもりや精神の障害がある方向けに社会復帰のプロセスを提示しつつ実践していきたいと思っている。

緊張しない美容院の選び方

雰囲気を変える上で避けて通れないのが髪型だ。

街中で人を良く見ていると、学生に限らずスーツが似合うサラリーマンまでも髪型にはこだわっているだろう。

 

美容院をオススメする理由

でも引きこもりの方はどうやって髪を整えているのだろうか?

全く外に出れないならまだしも、少しくらい外出できるレベルなら美容院に行くのが一番良いと思う。

僕の場合は1000円カットが多かったのだが、美容院は1000円カットと比べるとシャンプーやトリートメント、マッサージまでしてくれるところもある。

それどころか、髪型についての悩み、かっこよくなる方法なども気軽に相談できる。

というかどう転んでもそういう話題に行き着く気がする、引きこもりだと。

 

でも実際に行くとなるとうまく話せるかとか、仕事について聞かれたらどうしようかと思うかも知れない。

特にコミュ障タイプの引きこもりには辛いかも知れないが、長い目で見ればこれも話す練習だと思って気軽に行けばいい。余程失礼な美容師じゃなければ社会復帰の味方になってくれるはずだ。

 

今はネット予約が主流

美容院の流れは予約→来店→指名→施術なのだが、

今はネット予約が充実している。

 

このサイトは掲載数も多く、どんな雰囲気のお店なのかもちゃんとチェックできるし、仕上がりの写真なども載せてあってイメージが湧きやすい。

料金なども分かりやすく載っているし、ネット予約からだと割引してくれるお店も多い。

口コミ数も多く、気に入ったスタイリストもこの場で指名できるのでオススメだ。

 

でも美容院って話しかけてくるんじゃないの?

美容師は何故あんなに話しかけてくるのかと思うことが僕にもあった。

トークでお客様を楽しませるのも美容師のスキルだし、情報を覚えることでまた来てくれた時の話題を提供してくれるからだと思うが、本当に人が苦手で話しかけられたくないのなら最終手段がある。

恐らく大体の美容院で最初に問診票を書くことがあると思うのだが、雑誌を見ていたいのであまり話しかけないで欲しいと要望を出せば良い。

我々もお客様なので、ある程度の要望は聞いてくれるはずだ。

でもスタイリングのやり方くらいは聞いておくべきだと思う。

その方が後々自分のためになる。

 

美容院は話す練習の場だと思って欲しい

どんな仕事であれ少なからず人とコミュニケーションを取らなければいけない。

報告連絡相談なんかがまさにそうだろう。

美容師は技術だけあれば良いというものでもなく、接客も兼ねているので失礼なことは絶対に言わない。というか失礼なことなんか言ってたらその美容院はすぐ潰れると思う。

だから話す練習だと思って色々聞いてみるのが良いと思う。

もちろん、仕事について聞かれたらある程度のごまかしも必要だが、事務職をやっていて・・・だとか、今仕事を探そうと思ってて見た目を良くしたい・・・とでも言っておけばそれ以上は仕事について聞いてこないはずだ。

 

もし思うように話がはずんだらこっちのものだし、楽しいとさえ思えるはずだ。

是非美容院に通ってコミュ障を脱却して欲しい。

ホットペッパービューティー